当会について

沼津湾に浮かぶ淡島に、高級ホテル「淡島ホテル」があります。平成11年6月に破たんした株式会社東京相和銀行の創業者である長田庄一氏をはじめ長田一族が開発した一大総合リゾート事業で、今もホテル事業の他、淡島マリンパークなど関連事業をグループで経営しています。

バブル経済崩壊後は、経営破たんしましたが、ホテル事業、マリンパーク事業を中心に生きながらえ、ホテルの会員企業・個人から出資や融資金の提供を受けるなどの資金手当てをしながら事業を継続してきました。

平成27年には、関連会社である長田事業株式会社が運営するホテル長泉ガーデン2号館の建築資金として、会員その他から数十億円の借入を起こしますが、建設事業は完成を待たずに破たんし、返済義務のある約200億円の負債は、現在返済のめどがたたないままです。

このような中でグループ企業のオーナーである長田浩行氏(創業者の子孫)は、平成30年4月に突然、株式会社オーロラに対し、淡島ホテルの運営会社である株式会社淡島ホテルの全株式を譲渡、同31年4月には株式会社マリンパークの全株式も同社に譲渡しました。

現在、約1000名、総額200億円と言われる債権者らは、株式会社淡島ホテルらに対し、数百件の訴訟を提起していますが、返済には一切応じない一方、経営破たんの事実を隠し、新たな会員権販売や資金集めを行っています。

当会は、被害を受けた債権者らの情報を共有し、被害の拡大の防止、ホテルの正常化、債権者の債権の確保を目的として結成した団体です。


下記に関連記事のリンクを掲載しております。(掲載許可済)

  • アクセスジャーナル(記者:山岡俊介)

New 再建屋「オーロラ」が手掛ける「淡島ホテル」ーー本日、破産手続開始決定出る

再建屋「オーロラ」が手掛ける「淡島ホテル」に第三者破産申立ーー「被害者の会」設立で徹底追及も

「淡島ホテル」で見せたーー再建屋「オーロラ」3つの疑問

あのオーロラが「淡島ホテル」買収。「長泉ガーデン」は切捨てで住民危機に

あの再建屋「オーロラ」の重大疑惑