株式会社淡島ホテルの破産手続開始決定を受けて

声 明 文PDF

2019年12月23日

淡島ホテルを守る債権者の会世話人会

 1 破産手続開始を歓迎します

 2019年12月20日、静岡地方裁判所は株式会社淡島ホテル(以下、「破産会社」といいます)について、同ホテル債権者らの破産手続開始申立を受けて、同日午後5時付で、破産手続開始決定を行いました。

 私たち、淡島ホテルを守る債権者の会(以下「債権者の会」といいます)は、今年7月13日の発足以来、破産会社及びその関連会社(淡島マリンパーク、長田事業者、東京アソシエイツ、等)と同ホテルの経営権の譲渡を受けた株式会社オーロラ、グッドリゾート株式会社(以下「オーロラグループ」といいます)の債務不履行や不正行為による被害者の任意団体として、被害回復、経営陣の責任追求、新たな被害拡大防止、ホテルの正常化・再生、を目標に活動をしてきました。

 債権者の会は、裁判所の破産手続開始決定を、歓迎します。また、困難な破産手続開始申立を行われた申立債権者らとその代理人その他関係者のみなさんのご努力に心から感謝するものです。

 今後は、破産会社の経営権限は、オーロラグループからすべて破産管財人に移り、破産管財人の下で、会社の清算手続きが進められます。破産会社の関係者が、手続きに一切協力しないという状況の下で、破産管財人の業務は困難を極めるものと予想され、債権者の会は、真相究明と被害者の権利救済のため、破産管財人の業務に全面的な支援・協力を行う所存です。

 そこで、今後、進められる破産手続の中で債権者の会が、注目している問題点について述べたいと思います。

 2 不透明な資金の流れの解明

 まず、第一に、私たち債権者の会は、オーロラグループの傘下のもとで、2018年4月以降、営業で得た売上金、関連会社の会員権 販売収入、ホテル建物の所有権持分権の販売代金などの収入がどこに流れているのか、全く不透明な状況になっています。

 破産原因の究明とホテルから散逸した資金の回収は破産管財業務の中心的業務であり、債権者の会はその徹底究明を期待するものです。

 3 旧経営者長田浩行の責任追求

 第二に、今回の破産会社の経営破たんの原因は、旧経営者であり株主であった長田浩行氏に重大な責任があります。破産会社の株式が2018年3月にオーロラグループに譲渡される直前期には、長田氏が株式会社マリンパークの代表者があずかり知らないところで、会社では使用していない会社印を使用して、会員・債権者から多額の借入を繰り返しています。その借入金は、破産会社やその関連会社には入金もされていない、ということが明らかになっています。

 オーロラグループへの株式譲渡に際して、長田氏は、破産会社や関連会社の名義で多額の借財を起こし、これを私的に取得したとの疑いが濃厚です。

 債権者の会では、長田氏の民事・刑事の責任を今後追求する中で、破産管財人との協力の下、真相究明と被害回復に取り組みます。

 4 関連会社に対する債権者・被害者の救済

 今回、破産手続がなされるのは、破産会社1社であり、他の関連会社は手続の対象外です。しかし、債権者の被害は、破産会社だけではなく、広く関連会社にも及びます。

 例えば、破産会社の債権回収を目的として淡島マリンパークの株を購入した被害者、長泉ガーデンⅠからの立退きを求められた被害者、長泉ガーデンⅡの建築資金の名目で長田事業社に対して貸付をした被害者、東京アソシエイツを通じて破産会社の会員権を購入したり貸付をした被害者、など様々な被害態様が存在しています。

 破産会社の破産手続の中でこれら関連会社との間の資金の流れも解明し、関連会社からの被害についても全容を把握した上で、その救済に取り組みます。

 5 オーロラグループの責任追求

 債権者の会は、破産会社のブランドを最大限に利用して、実態のない破産会社建物の持分所有権販売、淡島マリンパークの株式販売、工事すら着工していない日光宮殿、箱根宮殿の会員権販売等で多額の資金を荒稼ぎしたオーロラグループの責任は重大であると考えています。

 本来破産会社が取得すべき売上金が、オーロラグループに流れている可能性が高く、破産手続を通じてこれらの流出資金の回収がなされるものと予測しています。

 同時に債権者の会では、オーロラグループの下で拡大した被害については、破産手続とは別個の被害としてその責任追及を行います。

 6 今後の見通し

 債権者の会は、破産会社とその関連会社、オーロラグループに対して債権を有する被害者の集まりであり、公正・平等な清算手続きを行う裁判所・破産管財人とは立場を異にしますが、真相の究明と経営者の責任追及、ホテルの再生と債権者の救済という点では、その利害を共通するところが多々あります。

 したがって、可能な限り、裁判所・破産管財人の業務に協力しながら、今後も活動を継続していきます。

 本件が破産手続であり、数百億円の負債が予想される以上、配当手続を通じての被害回復は極めて困難な状況にあると理解しています。

 しかしながら、ホテル建物を中心として新たな経営者の下でのホテルの再建を通じて、債権者の利益を実現していくことは可能であると考えております。

 今後とも、私たち債権者の会は、会員のみなさまの最善の利益のために活動を行っていきます。

以上


 なお、株式会社淡島ホテルは、令和元年12月10日付で、会社名を株式会社AWHに商号変更の上

本店所在地を変更しています。(履歴事項全部証明書)

 これが、株主であるオーロラグループの破産手続妨害行為を意図しているのであれば、悪質な行為と言わざるを得ません。

1 thought on “株式会社淡島ホテルの破産手続開始決定を受けて

  1. NI

    願いを込めて
    淡島ホテルを守る債権者の会の皆様へ
    はじめまして。私は今回問題とされる会社の関連会社施設の従業員です。毎日日々の業務に追われながらも、会社のやり方を不思議に思っていましたが、今回のことで少し会社の経営状況を知り得ることができました。今まで、会社のためご利用いただく会員様のために、またそれが自分のためにもなると信じながら、私なりに仕事を続けてまいりましたが、今回この声明文の内容を知り悲しい気持ちでいっぱいです。このサイトのことは、たまたまお客様から耳にし自分の目で確認した次第です。会社が経営状況の悪化からやむおえずやったことなのか意図的にやったことなのか私には分かりません。知らず知らずにこれほど多くの方にご迷惑をおかけし、今まで気づかずにきたことを申し訳なく思っています。変だなと思っていながらもっと早く疑問を追及できなかったことは、私としても目の前のことに必死で気持ちの余裕がなかったのだと反省してます。
     他の従業員も何かを感じていながら、それでもしかたなく生活のため働いているのかもしれません。従業員は失業する覚悟で会社に対して間違ってると指摘することはなかなかできません。年齢によっては、ここの仕事を失ったら次の仕事があるかどうか不安で何もできない従業員もいると思います。私たち現場の従業員は日々の業務と生活に追われるあまり、会社に改善を求める勇気も、不満を持っていても転職先を探す時間もなければ、自分の体のことを気遣う余裕も、ましてや会社の経営状況を把握することさえ難しかったように思えます。これはどんな会社でも起こり得ますが。
    今回のことは、債権者の皆様はもとより、利用している会員、働いている従業員、取引している業者を含めこの会社に関わる全ての人が協力して解決させないといけない問題だと思います。これらの人の中にはこの事を未だに知らないでいる人が多くいるようです。私もそうでした。新聞を見て驚きましたが詳細は分からずじまいでした。
     実は2月1日の債権者の会全大会で皆様に会って状況を伺おうと思ったのですが、なかなかそうはいきませんのでメールで失礼します。私のただの希望です。もし可能ならよろしくお願いします。

    ① 「淡島ホテルを守る債権者の会」という名前に賛成です。淡島ホテルの営業を続けていただくことが、ホテルや関連会社に関わる全ての人にとって最善の方法だと私は思います。是非お願いします。
    ② 早く新しい経営者が見つかればいいですが、早期解決のために私から提案です。経営陣の責任を追及しつつ、経営陣には最後まで責任をもってホテルの正常化・再生のため働いてもらい、被害回復を図ることで、新たな被害拡大防止につながればいいなと思います。ホテル建物の所有権持分権の維持もできるかと思います。多くの失業者を出さないためにも。もちろん債権者や破産管財人の監視のもと利益はすべて債権者の被害回復に充てるということです。ホテルが廃墟になるのを防ぎ、節税と空き家対策にもなります。少子高齢化ですから、働いて返してもらいましょう。未払いがある取引業者もいますので、是非営業は続けていただければうれしいです。
    ③ 長泉ガーデンⅠから立ち退きを求められた被害者には元に戻れるか、返金かの選択肢があればいいですね。
    ④ 不可能かもしれませんが、長泉ガーデンⅡの工事を再開し販売なり運営なりして、利用方法を考え、得た利益はすべて債権者の被害回復に充てましょう。あのまま放っておくと、廃墟になる可能性が大いにあり、莫大な解体費用がかかりほうっておくと倒壊の恐れもあり危険ですね。
    ⑤ 会員、債権者の中には高齢の方が多いと思います。できる限り早く解決できることを祈ります。長引けば長引くほど体にも良くないですから。貴重な人生を無駄にしないためにも。早く解決し、すべての人が平穏な生活を取り戻せることを望みます。

    以上
    素人の下手な文を最後まで読んでいただきありがとうございます。
    言い忘れはないかしら?
    まだ他にこれに関わる重要人物がいたような・・・
    とにかく私にできることはないか考えますね。

    つづきはまた

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です